手は何もしません。手が癒すわけではありません。スピリットがそこにあることを、わたしたちが手を使って確認しているだけです。

この写真の手は、ラム・ダス編/著『愛という奇蹟』で描かれているマハラジ、ニーム・カロリ・ババのものです。わたしは、この写真を、CRSオープン当初のヒーラーにプリントしてあげていました。そのひとり、ジョージくんは、この写真を額に入れ、いつもヒーリング・クリニックに持ってきて、そのそばでヒーリングをしていました。わたしは今も、この写真を自宅に置いています。

CRSでは、毎週月曜と火曜、月一で日曜にヒーリング・クリニックをしていますが、その他にも、ご要望があれば、ショート・ヒーリングをさせていただいています。もうすぐ日本からACIM カンファレンスでニューヨークにお越しのみなさん、CRS でのヒーリングも、どうぞ楽しみになさっていてください。

それから。ジョージくん、お誕生日おめでとう!nkb024r