テキストを一段落ずつ読んで、その内容をできるだけ深く理解し、受け取り、その日の心の使い方とする。そのようなACIM テキスト精読は、みなさんも熱心に学んでくださっていますが、わたしも、毎日、やっています。

「最近、録音を自宅でなさっていますよね?」と、鋭い指摘をくださった方がいますが、仰るとおり、たいていは、自宅で朝、やっています。いろいろなことが起こるので、夕方になることも、稀に、あります。

その方は、録音の背後に、かすかに鳥たちの鳴き声を聞きとられたのですが、夕方の録音時には、たぶん、犬の遠吠えが入っているのではないでしょうか。

わたしの部屋は、通りに面してはいなくて、中庭に向いているのですが、窓を開けたままにしておくと、通りの反対側の公園の音(たとえば、夏の週末によく行なっているコンサート)が聞こえてくることもあります。でも年中聞いているのは、中庭の鳥、庭に出てくる猫や犬の声です。パトカーや救急車のサイレンは、意外にも、それほど頻繁には聞きません。

窓の桟ではよく鳩が仲良く日向ぼっこをしていて、窓を開ければ逃げずにこちらを見つめるばかりだし、樹々が茂ってくれば(もうすぐ。あっという間でしょう)リスたちも枝をかけずりまわるし、マンハッタンとはいえ、podcast は、のどかで平和な場所から、お届けしています。

鳥続きの画像ですが、今朝の録音前の一枚です。

IMG_0141