⑨ ヒーリングの前提

抱えている重石が、自分の思い込み、幻にすぎない、という“事実”を受け入れたいと願うことこそ、祈りの出発点であり、また最終地点だということをすでに書きました。 幻想だったという気づきとは、つまり、 「自分の過ちは何事も、誰をも、変えることはなかった。だめにすることはなかった。破壊力を持たなかった」 という安堵感を持つことです。 さらには、 「しかもそれは、自分の過ちですらなかった」... 続きを読む...

⑨ ヒーリングの前提

抱えている重石が、自分の思い込み、幻にすぎない、という“事実”を受け入れたいと願うことこそ、祈りの出発点であり、また最終地点だということをすでに書きました。 幻想だったという気づきとは、つまり、 「自分の過ちは何事も、誰をも、変えることはなかった。だめにすることはなかった。破壊力を持たなかった」 という安堵感を持つことです。 さらには、 「しかもそれは、自分の過ちですらなかった」... 続きを読む...

⑧ 「自分のせいじゃない」ことを思い出す

自分自身をAという個体とみなすとき、必ず、他者としてのBが現れます。 AとBは、たとえふたりともが「わたしたちは同じものを見て同じことを考えている」と主張しても、たとえば単純に、AとBが向かい合っているなら、二人は反対の風景を見ていることになります。ビーチに並んで腰をおろし、水平線を眺めていても、Aは遠くを過ぎるヨットの帆に意識がいき、Bは、ゆっくり姿を変えていく雲の輪郭に気を取られているかもしれません。 AとBは、永久に、同じものを知覚することはできません。 それが宿命です。 なぜなら、Aという個体にとって、他のあらゆるものは、... 続きを読む...

⑦ A ———————————— B

想像力を使いましょう。 想像の力を借りて、創造の海に戻りましょう。 そう書いてきました。   “問題”を見るとき、わたしたちは、AとBの点をつなぐ直線の時間軸のどこかに立っています。A とはもちろん、誕生時、Bは死亡時です。直線は、人生の時間です。   A    ——————————————————————————→ B   実際には、そんな時間軸は存在しないので、無意味に想像力を使って、不毛な“問題”を抱えていることになります。... 続きを読む...

⑥ 創造の海へ

祈りと癒しは同じものです。 祈りとは、癒しを経験するプロセスです。 そして癒しの経験と、クリエイティブな経験は同じものです。 さらに、クリエイティブな経験と祈りは同じものです。   あらゆるものは、愛という叡智でできています。 それは、このように言い換えることもできます。 神はあらゆる細部に宿る。そして神はどの瞬間にもいらっしゃる。   愛でないものは存在しません。 叡智以外のものは存在しません。 神以外のものは存在しません。 たったひとつのものしか存在していないから、平和があるのですね。... 続きを読む...