カンファレンス、通訳ブースのひとつです。

ACIMカンファレンスの同時通訳というたいへん高度な、(というのは、プロ中のプロの同時通訳者でも、ACIM の通訳はむずかしいものですし、同時通訳というものは通常、事前に内容を知り、予習していくことができるものなのに、このカンファレンスでは、講師が何を話すかまったく予測がつかないばかりでなく、どの講師のクラスを担当することになるかも直前までわからなかったという状況でした)大役を、藤本昌枝さん+裕子ティケリーさん、石橋円佳さん+大熊恵梨さん、のふた組が、たくさんの練習の後、完璧にやり遂げてくださいました。「通訳者の声に癒されました」という感想も多くいただきました。通訳のみなさん、聴いてくださったみなさん、どうもありがとうございました! 写真は、手前から、通訳機材会社から三日間早朝から夜遅くまで付き合ってくれ、山崎圭子さんと共によく働いてくれ、機転もきくルカくん、カンファレンス、ツアー組全体をお世話してくださった村井倫子さん、通訳昌枝さん、裕子さんのお顔が隠れてしまっていて、一部見えているのがわたし、わたしのお隣りがコミュニティ・ミラクル・センターのドューサ、続いてトニーです。500人の聴衆に向けてのクラスの最中です。もう一枚は、昌枝さん(右)裕子さん(左)と、カンファレンス・ツアーを個人でやり遂げてくださった岡本健嗣さん。カンファレンス、スタート直前です。13520_887632727945706_366589048465447924_n

IMG_0147