わたしたちは、さまざまな制限を自分自身に課しています。

 

せいぜいここまでしかできない。

せめて、これだけは欲しい。

あの人と自分は、元々の“でき”が違うからしかたない。

あの人のようになるには、少なくとも10年かかる。そんな悠長なこと言ってられない。

このトシになってそんなことをやり遂げた人なんていない。

その他いろいろ。

 

制限をかけると、心は弱まります。正確には、心が弱まるなどということはないのですが、弱まっている気がします。

それは、逃れようのないことで、「弱いと思わないようにしよう」「ポジティブに考えよう」と努力しても効果はありません。

自分には限界がある、という信念は、たぶん、自分が認めているよりずっと、わたしたちを小さき者にし、苦しめているはずだからです。

わたしたちが、自分で指揮棒をとり、すべてをコントロールしようとするのは、なぜでしょう。横暴で無情で臆病で傲慢だから? いいえ。苦しいから、指揮棒を振るしかないと信じているから、あえぎながら渾身の力をこめて、振るのです。

 

すると、楽団のひとりひとり(=人のこと)が気になり出します。

人と比べ始めます。

人との関係に衝突が生じます。

 

 コントロールしようとする思いが鏡に映し出されると、“問題”になります。

 

 

そして、その思いは、自分に制限をかけるところから来ます。

 

制限はどうして始まったのでしょう?

自分は頭が悪い、とか、自分は美しくない、という自己認識は、大きな制限を作ります。なぜそんなふうに自分のことを考えるようになったのでしょう?

誰と比べているのでしょう?

そうでした、人と比べるのは、自分に制限をかけて、物事をコントロールしなければと信じ始めるときに起こることでした。

え?

なんですって?

それでは堂々巡りじゃないですか。

 

 そうなのです。堂々巡りです。

 

もともとの自己認識が間違っていると、その間違いは次々と細胞分裂して、数えきれない間違いを作っていきます。

 

自分とは、この身体が表すごとく、人間である。

と、決め込むなら、さっそく制限が続々と登場するのは当然のことです。

人間とは、生まれて死ぬもの、ライオンやクマやサメと素手で戦っても勝てないもの、脆弱な身体を持つ生き物、、、であるならば、そこですでに大きな制限がかかっています。

ですから、気持ちを落ち着けて その問題の解決に取り組もうとしても、土台の自己認識が間違っているので、堂々巡りになるのです。

万物は霊である。

自分とは、霊的存在である。

根本的な制限は取り払うには、「万物は霊である。自分とは、霊的存在である」ということを受け取りたいという意欲を持つしかありません。

どんな人間か、どんな人生か、ということよりずっと前に犯している、自分が人間だという誤った認識、それが数々の問題の根っこであるなら、その根っこを引き抜くことができるのは、人間である自分ではないし、他の人間でもないのは明らかです。

霊=スピリットに引き抜いてとお願いするしかありません。

 

祈りとは、なによりもまず、お願いです。

祈りとは、スピリットにお願いすることです。

何をおいても、スピリットにお願いしよう、つながろうとする心から起こるものです。

 

スピリットは、自分でこしらえた制限の数々、すなわち、問題の数々を取り払い、制限のない、“無限”というスピリットの自己に戻らせてくれます。

 

 ほんとうの自分とは、制限付きの存在ではなく、あらゆる意味において無限なのです。

 

 えーと、

 では、、、

 どうやって、その“無限”を経験するの?

 

ふたつ、やり方があると言えると思っています。

ひとつは、お手上げの状況に陥ること、絶望の縁に立つこと。指揮棒を握りたくても、その気力も失せた状態になること。

もうひとつは、想像力を駆使すること、です。

 

そう、祈りとは、想像力を使うこと、とも言えます。

それも、今までとは違ったやり方で。

「この人はどんなつもりであんなことを言ったのだろう」「家を買ったらどんなに嬉しいだろう」「この病気が治ったら、スペイン旅行したい」というような、使い方ではなく、

 

 ただひたすら、“無限”を想像するのです。

 

レモンの味を想像するなら簡単です。思い出すだけで唾液があふれてきます。

無限もまた、思い出せば、五感も、身体の機能も反応するでしょう。

 

 わたしたちは、レモンの味は覚えていますが、無限の感覚は忘れています。

 それどころか、「無限なんて経験したことないし」と信じています。

 

無限を、思い出そうとしてみるなら、馴染みのないものではなかったことに気づきます。

 

 制限から無限へ。

 限られた時空から、永遠へ。

 無常の世界から、恒久の確かな王国へ。

 

この大きな飛躍を経験するのが、クォンタム・プレイヤーです。

 

無限を想像してみる、ということを、ちょっとやってみましょう。

 

「自分が永遠に生きると保証されているとしたら、どんな感じだろう?」

「この人との関係が、絶対に変わらない、終わらないと保証されているとしたら、どんな感じだろう?」

「わたしには、欠けているものがないと保証されているとしたら、どんな感じだろう?」

練習を、楽しくやりましょう。

自分でやろうとすると、へこみます。

お願いしましょう、スピリットに。

お願いすることで、想像するのです。

 

わたしに、想像させてください。

感じさせてください。

 

 無限を感じる練習に慣れている人に一緒にやってもらうと、共振して、無限感覚がいっそう戻ってきやすくなると思います。

 

わたしたち、無限の感覚、知ってたんだ!

これって、経験したことある気がするね。

一緒に喜び合えたら最高です。

 

 想像力が鍵!

 祈りの力は、想像力とともに育ちます。

 

プラクティショナーの紹介は、下記のリンクをご覧ください。

http://ameblo.jp/quantum-prayer/theme-10097007177.html

「自分で自分を変えることができる、という思い込みに縛られていたのは、もう過去のことです。自分しだいで、人生は幸福にも不幸にもなる、と信じていたときの緊張は、すっかりとれてしまいました。この祈りとともにいる一日は、何をしていても、この喜びと感謝だけがあります。自由そのもの、という新しい感覚がやってきます。」(「奇跡のコースのワークを学ぶガイドブック9 <祈りのある生き方>より)